BLOG

2017年02月17日

クラシックギター製作家、田邊雅啓氏によってオーバーホールされた中出六太郎 A5 松・ハカランダ 615mmスケール 1965年製 入荷です!

中出六太郎 A5.jpg中出六太郎 A5 (1).jpg

1965年製 中出六太郎 A5 松/ハカランダ 615mmスケール 1965年製の入荷です。

 中出六太郎は日本のクラシックギター製作の第一人者である中出阪蔵の実弟で、若い時から兄のもとで修行をしました。1950年代には東京の石神井で自身の工房を持ち、楽器製作一筋の人生を過ごしました。一説によると阪蔵やその門下生の中では繊細な楽器作りが特徴で、弾き易さへの探究心が旺盛であったと言われています。それ故にマンドリン製作でも高い評価を受けております。

 本器はその六太郎氏が円熟味と安定感を備えた全盛期、1965年の作で、トップにはスプルース単板、サイドバックにはハカランダ単板が使われています。当時としての最上位機種と思われ、口輪やパーフリングのデザイン、ヘッドの縁取り加工などはその風格を感じさせます。ナット幅は50mmとノーマルですが、スケールは615mmとショートスケールになっておりますので、女性や小・中学生、小柄な方にもオススメです。横、裏板のハカランダは現在では入手困難と思われるほどの、色が濃く、硬い、上質なものが使われています。

中出六太郎 A5 (2).jpg中出六太郎 A5 (3).jpg中出六太郎 A5 (4).jpg中出六太郎 A5 (5).jpg

本器の嬉しい点は、当店入荷後に今、中堅の年代としては最も人気の高いギター製作家、田邊雅啓(たなべまさひろ)さんによってオーバーホールしていただいたということです。具体的には指板交換、ナットサドル交換、ネック調整、指板修正などのプレイアビリティーやピッチに関係するところは勿論、表板、裏板、横板、ネック全てをセラックで仕上直していただき、非常にオーラのある仕上りになっております。

大変価値のあるギターですので、大事に永く使っていただける方に持っていただきたいです。

販売価格\258,000(税込)
ハードケース付き

中出六太郎 A5 (6).jpg中出六太郎 A5 (7).jpg中出六太郎 A5 (8).jpg中出六太郎 A5 (9).jpg中出六太郎 A5 (10).jpg中出六太郎 A5 (11).jpg
posted by LAST GUITAR at 12:35| Comment(0) | 入荷情報

2017年02月10日

モーガンギターの待望の新作、Morgan Guitars CCKK の入荷です!

Morgan CCKK 2017.jpgMorgan CCKK 2017 (1).jpg

 カナダ、ブリティッシュコロンビア州ノースバンクーバーに工房を構える熟練のギター製作家デヴィット・イノーニによって製作されている、Morgan Guitars(モーガンギターズ)。

 久しぶりの新作の入荷です。当店特注品です。

 デヴィット・イノーニはホセ・ラミレスを始めとするスペインのクラシックギターを探求したのち、ジーン・ラリビーのもとで働いたことでスチールギターの可能性に開眼、ラリビーファクトリーで責任ある立場を勤めた後、1985年より独自の道を歩み始めます。

 材選びの知識には卓越したものがあり、シンプルでエレガントなデザインと、確かな製作技術で、カナダ国内を中心に世界中のギターリストの支持を受けています。

 本器のボディシェイプは、ラウンドショルダーで、ラリビー等でも一般的なCシェイプに、フローレンタインカッタウェイが施されたCCというモデルです。トップ、サイドバック共にプレミアムグレードのハワイアンコアでカスタムオーダーしました。

バインディングにはターコイズとココボロが使われ、ロゼッタのアバロンパールもカラフルに輝き、見た目も非常に美しく仕上がっています。


Morgan CCKK 2017 (2).jpgMorgan CCKK 2017 (3).jpgMorgan CCKK 2017 (4).jpgMorgan CCKK 2017 (5).jpgMorgan CCKK 2017 (6).jpgMorgan CCKK 2017 (7).jpg

 ハワイアンコアトップ、ハワイアンコアサイドバックのモデルです。コアはプレミアムグレードを使いました。650mm,ナット幅は44mmです。ネック厚は細めで、フィンガースタイルに合っていると思われます。PEGはゴトウの最上位機種510を搭載しており、非常にスムーズです。

モーガンのコアのギターは豊かな低音とバランスの良さ、サスティーンの良さなどからスラックギタープレーヤーに人気があります。

唯一無二のサウンドを是非体験していただきたいです。

トップ:ハワイアンコア
サイドバック:ハワイアンコア
ネック:マホガニー
フィンガーボード:エボニー
ナット&サドル:牛骨
ナット幅:44mm
スケール:650mm
ヘッドプレート:ハワイアンコア
PEG:ゴトウ510

販売価格\798,000(税込)
ハードケース付き

Morgan CCKK 2017 (8).jpgMorgan CCKK 2017 (9).jpgMorgan CCKK 2017 (10).jpgMorgan CCKK 2017 (11).jpg
posted by LAST GUITAR at 16:04| Comment(0) | 入荷情報

2017年02月07日

ボディ塗装をオールラッカーでリフィニッシュ、リボーンシリーズ最新作 Greco EG-650B Reborn Custom by Humpback Engineering 1974年製 の入荷です!

Greco EG-650B Reborn.jpgGreco EG-650B Reborn (1).jpg


東京都杉並区の浜田山に工房を構えるHUMPBACK ENGINEERINGの代表戸田高弘氏によって、ジャパンヴィンテージの名器を、現代的なハイエンドギター並の演奏性へカスタマイズすることで蘇らせる企画”Reborn”シリーズの最新入荷です。

今回トライしたのは、1974年製の製作されたGreco EG-650Bです。レスポールタイプはストラトに比べ手数がかかるため、リボーンされることは少ないので、レスポールファンの方は是非ともこの機会をお見逃しなく。

今回第一の売りは、塗装をラッカーにてオールリフィニッシュしたことです。これは初めての試みです。ウレタン塗装がラッカーに変わることにより、ボディの振動感がよりダイレクトに身体に伝わり、よりエモーショナルな演奏が出来るようになりました。単純に生鳴りの音量も大きくなりました。見た目的にも傷が無くなりましたので新品のギターのようになり、オーラがあります。

Greco EG-650B Reborn (2).jpgGreco EG-650B Reborn (3).jpgGreco EG-650B Reborn (4).jpgGreco EG-650B Reborn (5).jpg

 ピックアップは、ピックアップカバーにグレコロゴが刻印されているタイプで、ルックス的にもカッコイイいいのと、ヴィンテージ価値も高いためオリジナルを生かすことにしました。結果、太く甘くオールドの味わいもあるサウンドに仕上がりました。

その他のリボーンの内容は
フレット をJescar 43080 Stainless (JD6230に対応)に交換
ナットをタスクへ
ペグをGOTOH SG301 Goldへ
コンデンサーをJuptar Red Astron 0.02へ
内部サーキット交換、独自のノウハウを持つノイズレス加工。

さらにいつも通りReborn シリーズの肝である1mm以下の弦高セッティングを余裕で実現する、高精度のフレットワークを施しています。

本体重量は3.975kgです。

ジャパンヴィンテージの名器のサウンドをこれ以上ないほどの弦高の低さとピッチの良さでひきこなしたい方にオススメです。

販売価格\178,000(税込)
Lasting EGC120 セミハードケース付き

Greco EG-650B Reborn (6).jpgGreco EG-650B Reborn (7).jpgGreco EG-650B Reborn (8).jpgGreco EG-650B Reborn (9).jpg
posted by LAST GUITAR at 15:16| Comment(0) | 入荷情報
Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.