BLOG

2017年06月22日

ラストギター教室 第3回ギター&ウクレレ発表会のご報告


ラストギター教室 第3回ギター&ウクレレ発表会のご報告
2017年6月18日(日)
阿佐ヶ谷アートスペースプロットにて発表会を行いました。
プロットはすずらん通り商店街にある小劇場です。
今回は小山アコギクラス、とよまき先生バンジョークラス、小山ウクレレクラス、どぶゆき先生ウクレレクラス(キワヤクラスと合同)、Makalani先生スラックキーギターレッスン、デイジーどぶゆきロックウクレレクラス合同で行いました。
講師演奏を含む40演目、第一部、第二部合わせ13時から19時まで、皆さんの熱い演奏で大変盛り上がりました!生徒さん、先生方、ご観覧いただいたお客様、スタッフ、お疲れ様でした。大成功でしたね。
会場のプロットは昨年に続き2度目でしたが、ステージの雰囲気が非常によくで、スポットライトを浴びると本当に演奏家になった気持ちがします。生徒の皆さんは大変な緊張の中、普段の練習の成果を見せてくれました。本当にいい演奏が多かったです。
至らない点もあったと思いますが、来年に生かしていきますので、気づいた点はアドバイスお願いします。
毎年徐々に規模が大きくなってきているので、今回は第一部、第二部に分け入れ替え制にせざるを得ませんでした。挨拶でも触れましたが、来年は抽選によりますが、杉並公会堂の小ホールで行いたいという希望も持っています。
今回一緒にできなかった、坂野いぶきジプシージャズギタークラス、Gonta(ゴンタ)先生ソロギタークラス、塩高先生ジャズギタークラス、竹内信次先生フラットマンドリンクラスも、次は合同で出来たらいいなと思います。
それではまた1年、よろしくお願いします!
(写真は大まかなダイジェストなので、全然網羅出来ていません!自薦他薦ございましたら、写真をくだされば追加でアップします!すいません)

2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG
7.JPG8.JPG10.JPG11.JPG12.JPG13.jpeg14.jpeg15.JPG16.JPG
posted by LAST GUITAR at 23:01| Comment(0) | 日記

2017年04月08日

南伊豆のヴォイジャーギターズ工房を訪ねました。

17820342_1436819193037632_954379954_o.jpg17836960_1436819203037631_1489634872_o.jpg

4月7日に南伊豆のヴォイジャーギターズ工房を訪ねました。
 前から来たいと思っていたんですがやっと来れました。ほぼ伊豆半島最南端なんで遠くまで来た旅情がすごくありました。
 ルシアーの櫻井さんは30代前半とまだ若いですが、構造、音響的な理論面がしっかりしていて、安定感とルシアーとしての作家性を出すバランス感覚が非常に素晴らしい。PAに関する経験や電気配線の知識などとデザインへの興味など全てが融合され、その結晶として一つのギターが生まれている。
私より10歳くらい若いのですが、新たな時代を感じさせてくれる人です。
もうすぐ当店に入荷予定のドレットカッタウェイや東京ハンドクラフトに出典予定の000カッタウェイなど弾かせてもらいましたが、非常によかった。
 今後のアイディアも出し合い、魅力的な企画が進みそうです。

夜は地の魚で乾杯、そして温泉!
やはり仕事はこうでないと(笑)

17820284_1436819163037635_1863470282_o.jpg17522098_1436819143037637_1343922174_o.jpg17693204_1436819176370967_842332949_o.jpg17797334_1436819136370971_342593177_o.jpgIMG_0750.JPGIMG_0751.JPGIMG_0752.JPGFullSizeRender.jpg



 
posted by LAST GUITAR at 15:23| Comment(0) | 日記

2016年12月01日

ポール・マッカートニーと1年違い、良質なヴィンテージ、綺麗です。1963年製 Epiphone Texan

Epiphone Texan.jpgEpiphone Texan (1).jpg


1963年製 Epiphone Texan の入荷です。
良質なビンテージです。ビートルズ時代のポールマッカートニーが愛用していたナチュラルブロンドカラーの1964年製テキサンは世界的に人気が高く、ビートルズが使った楽器(ビートルズギア)の中でも最も人気のあるギターです。本器はほぼ同スペックの1963年製になります。

ボディトップはスプルース、サイドバックはマホガニー、ハカランダ指板です。本器はブリッジ駒が修理されてり、同じハカランダ素材で同形状のものに交換されています。サドルは近年のセラミック製のアジャスタブルサドルです。ボディサイドに1箇所クラック修理跡があります。

ナット幅は実測で41mmで、細身のグリップ感覚です。  ギブソンとJ-45やJ-50とよく比較される機種ですが、一番の違いはスケールが25・1/2インチであることで、24・3/4インチであるギブソンとくらべ、3/4インチ(約19mm)長いです。このことがテンション感があって低音に力がある迫力のあるサウンドの源となっています。音程も安定します。  

Epiphone Texan (2).jpgEpiphone Texan (3).jpgEpiphone Texan (4).jpgEpiphone Texan (5).jpgEpiphone Texan (6).jpgEpiphone Texan (7).jpg

ナット、フレットは交換されており、現時点でフレットの減りはローフレットで微かにあるという程度なので、永くいい状態で使っていただけます。アメリカより入荷後国内工房にてセットアップされていますので、演奏性は万全です。 ネックヒール部にストラップピンを取り付けた痕があり、埋め直されております。ピックガードは非常に綺麗なオリジナル状態で、全体的にも50年以上の年月の経過を考えると非常に綺麗です。

TKL社製の新品のハードケースが付いています。 ストロークのまとまり感と音量とリバーブ感、どれをとっても素晴らしいです。

販売価格\398,000(税込)
ハードケース付き

Epiphone Texan (8).jpgEpiphone Texan (9).jpgEpiphone Texan (10).jpgEpiphone Texan (11).jpg
posted by LAST GUITAR at 22:09| Comment(0) | 日記
Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.