2013年11月26日

新進気鋭のブランド、Rozeoギターの取扱が始まります!

 _DSC0099.jpg

ギターの本場USAの超有名ブランドのギター製作を請け負うなど、今やギターを巡るカルチャーには欠く事の出来ない存在である、愛知県蟹江のギターファクトリー、寺田楽器。その中の若い才能が、『Rozeo』という個性豊かなブランドを生み出しました。
 その第一弾であるLadybugシリーズは小振りなボディと艶やかな音で、サウンドメッセで多くのギターリストにときめきを与えてくれました。その中の1本、1本限りのショーモデルであるRozeo-001 Ladybug Limitedをご紹介します。

 トップ、サイドバックにはハワイアンコアの合板を使用しています。Ladybugとはテントウ虫の意味で、少し小振りでルックスがキュートなこのシリーズの個性をよく現したネーミングです。

_DSC0100.jpg

 ピックアップはオリジナルのP-90タイプ。高出力で甘く太い音色です。新品のためビニールでコートさせていただいております。チューンOマティックブリッジは安定したピッチを約束します。

_DSC0101.jpg

フィンガーボードはマダガスカルローズウッドです。際立つ木目は魅力的です。636mmスケール、ナット幅は43mmです。

_DSC0102.jpg

 少し大きめのヘッドにオールド感溢れるロゴです。

_DSC0103.jpg

ペグはGotoh SGL510Z-EN01です。510の精度は世界最高峰を言われています。

_DSC0104.jpg

ネックにはホンジュラスマホガニーを使用ており、繊細なネック振動は表現力豊かな音に繋がっています。

_DSC0105.jpg

 ラミネイトならではの木目の美しさと、曲線のラインも高級感があります。

_DSC0108.jpg

ウレタングロスフィニッシュですので季節変動に強く、ステージ上のライトの熱にも比較的強いので安定したプレーアビリティーで長期に渡って弾いていただけます。

_DSC0109.jpg

 1 Volume, 1 Toneの最低限のコントロールと、エボニーのテールピースもいいですね。

_DSC0111.jpg

限定品故にケースも特注品です。

IMG_2392-1.JPG 

企画と設計を担当したのは寺田楽器の新進気鋭のビルダー、樋口恭大氏です。寺田楽器には若く優秀なビルダーが育っており、嬉しいことです。

ロゼオ ロゴ JPG 1.jpg

『Rozeo』ギターは少数生産になりますので取扱は東日本ではLAST GUITARのみとなります。練りに練った仕様のモデルをこれからもオーダーしていきますのでご期待下さい。

Rozeo-001 Ladybug Limited 販売価格\252,000
posted by LAST GUITAR at 23:15| Comment(0) | 入荷情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]