BLOG

2018年08月21日

Gibson ES-125 1952年製  渾身の入荷!

Gibson ES-125 1952.jpgGibson ES-125 1952 (1).jpgGibson ES-125 1952 (2).jpgGibson ES-125 1952 (3).jpg


1952年製 Gibson ES-125の入荷です。

1938年にES-100のモデル名で発売後、1946年に16"1/4サイズ、フロントにP-90がマウントされた定番スタイルとなったES-125。
トップ&バックはメイプル、サイドはマホガニー、ネックはマホガニー、指板はハカランダ、ピックアップはオリジナルのP-90です。
ギブソンフルアコとしては定番サイズです。このボディにカッタウェイがついたものがES-175となります。

ペグはクルーソン60年代初期ののシングルラインに交換してあり、サーキットはポットをCTSへ交換、コンデンサーCornell Dubilier Brown Dropに交換しています。当店入荷後に指板修正、フレット交換もしてありますので、プレイアビビリティーは完璧なコンディションです。ナット幅43mmで、50年代前半特有の厚みのあるしっかりとしたネックです。


Gibson ES-125 1952 (4).jpgGibson ES-125 1952 (5).jpgGibson ES-125 1952 (6).jpgGibson ES-125 1952 (7).jpg

ギブソンのヴィンテージのアーチトップギターは経年でトップ板が下がり、落ちている状況になるものが多いのですが、本楽器は新品時の美しいアーチに戻す修正を行った上で、弦楽器でよく行われる方法である魂柱を立てることで補強しました。(もちろんこれは後で取り外し可能です。)このことにより、トップ板のアーチの曲線が本来の美しさとなり、サウンドも甘く伸びやかになり、一段も二段も上質なサウンドとなっております。

 動画をご用意しましたので参考になさってください。(コメント欄をご覧ください)

 年代相応のウェザーチェックや細かな擦り傷、ジャック部付近には引っかき傷、打痕などはありますが、全体の塗装自体は艶もありオーラのある楽器です。

自信を持ってオススメできる楽器です。

重量2.33kg
販売価格\328,000(税込)
チップボードケース付き

Gibson ES-125 1952 (8).jpgGibson ES-125 1952 (9).jpgGibson ES-125 1952 (10).jpgGibson ES-125 1952 (11).jpg


posted by LAST GUITAR at 20:21| Comment(0) | 入荷情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.