BLOG

2018年03月18日

5周年感謝フェア対象商品、1973年製、ジャーマントップのD-41, 極上の鳴りです!!



Martin D-41 1973.jpgMartin D-41 1973 (1).jpg


  5周年感謝フェア-5th anniversary fair開催中!!(期間:3/1〜3/31まで)

当店のオープン5周年を記念して期間中、厳選したお勧め商品を特別価格にて販売いたします。
また本体をご購入頂いた方には当店オリジナルクロスをプレゼントさせて頂きます。

通常価格¥598,000→フェア価格¥498,000(税込)

1973年製 Martin D-41の入荷です。
D-41は1969年から生産が始まった機種で、代表機種であるD-45とD-28の長所を合わせもつギターです。装飾ははD-45に近く、アバロンパール(ソリッド)とマザーオブパールをふんだんに使ったデザインは、正面から見た場合は、フィンガーボードのエッジを囲むパーフリングと、1Fと17Fにヘキサゴンのインレイが無い以外は D-45と同じ形式であり、40番台の風格があります。サウンドは同じ年代のD-45に近く「鈴鳴り」感のあるギターです。

Martin D-41 1973 (2).jpgMartin D-41 1973 (3).jpgMartin D-41 1973 (4).jpgMartin D-41 1973 (5).jpgMartin D-41 1973 (6).jpgMartin D-41 1973 (7).jpgMartin D-41 1973 (8).jpg




 1974年まではD-45同様表面板にはジャーマンスプルースが使われていると言われており、本楽器の表面板もジャーマンスプルースです。

サイドバックはローズウッドで、細かな柾目の美しい木目です。エボニー指板、エボニーブリッジです。
塗装はトップ、サイドバック共にオリジナルです。
ペグはオリジナルのグローバー102Gです。ゴールドのメッキはかなり落ちていますが、動作は問題ありません。
ピックガードはオリジナルのままですが、マーチンクラックを修理し、再接着されています。

トップ全体に細かなウェザーチェックが入っています。ネック角度は調整済みで、ブリッジ駒は交換してあり,内部からブリッジプレートも補修済みです。ですので弦高は弦高は12フレット上で6弦2.3ミリ、1弦1.7ミリと低めで弾きやすく、ブリッジ駒からサドルの高さも3.5mm程度あり理想的な状態です。エンドピンはジャックが取り付けられるよう12mm系の大きめのものが取り付けられています。ナット幅42.9mmです。

サウンドは動画を参考になさってください。本物のマーチンサウンドを求めるプレーヤーの方にオススメです。

オリジナルマーチンブルーケースは、使用感はありますが綺麗です。


Martin D-41 1973 (9).jpgMartin D-41 1973 (10).jpgMartin D-41 1973 (11).jpgMartin D-41 1973 (12).jpg





posted by LAST GUITAR at 17:31| Comment(0) | 入荷情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.