BLOG

2017年12月23日

Chaki P-1 1970年代初頭 驚愕のサウンドです!

Chaki P-1  1960's.jpgChaki P-1  1960's (1).jpg 



1970年代初頭に製作されたChaki P-1の入荷です。中古品の入荷です。インクスタンプから紙ラベルに変わった頃のもので、シリアル番号は00098*です。

 1947年に茶木純啓・初枝の夫婦により創業した茶木弦楽器製作所。コントラバスを中心に弦楽器の製造・販売・修理を行って来ましたが、60年代の中期にはピックギターの製造の着手します。当時20代だった若き職人、辻四郎を中心に製作されたピックギターは当時高額で一般人には高値の花であったギブソンギターを買えない若者たちに支持され、生産を増やして行きました。

 「半削り」と呼ばれるチャキ特有の工法は、まず単板スプルースをプレスでアーチをつけ、さらにハンドカービングでアーチをつけていく方法です。、美しくダイナミックなアーチの曲線と、年数を経ても変形が少なく耐久性があるチャキのギターの特徴の根拠でもあり、その特徴は独立後S.Tsujiブランドで更に研ぎ澄まされていくことになります。
 本器はそれなりに使用感がありバックに目立つ引っ掻き傷が1箇所あります。近年当店に入荷したP-1の中ではかなり状態がよく、フレットの減りはほとんど無かったのでリフレットは必要が無く、すり合わせで対応しました。その他はトップ、バックのバインディング剥がれの接着、ナット交換、ブリッジ駒削り調整等を行いました。全体に塗装の状態も艶がありいい感じです。古いギターの場合ペグ交換をすることが多い当店ですが、オリジナルペグがかなりいい感じで作動しましたのでオリジナルを生かしました。ピックガードは無く、テールピース、ブリッジ駒はオリジナルです。

Chaki P-1  1960's (2).jpgChaki P-1  1960's (3).jpgChaki P-1  1960's (4).jpgChaki P-1  1960's (5).jpgChaki P-1  1960's (6).jpgChaki P-1  1960's (7).jpg

枯れた音色と迫力のある低音、そして全体の音量が大きく、驚きました。ここ数年出会った中では絶品のサウンドです。特にボトルネックでのスライドサウンドは言葉になりません。
動画を参考になさってください。

トップ:スプルース
サイドバック:メイプル
ネック:メイプル
フィンガーボード:ローズウッド
ブリッジ:ローズウッド
ナット:43mm
スケール:645mm  0フレット仕様

販売価格\218,000(税込)
ソフトケース付き

Chaki P-1  1960's (8).jpgChaki P-1  1960's (9).jpgChaki P-1  1960's (10).jpgChaki P-1  1960's (11).jpg





posted by LAST GUITAR at 15:51| Comment(0) | 入荷情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.