BLOG

2017年10月31日

ついに最終形か?人気シリーズ集大成 Lasting TL-Blue Flower ”Reflection” Ver.3の入荷です!

Teisco May Queen.jpg 
Teisco May Queen (1).jpg

当社オリジナルブランド、Lasting の新作、Lasting TL-Blue Flower ”Reflection” Ver.3の入荷です。希代のソングメーカー、シンガーであるMr.Childrenの桜井和寿さんに敬意を表し、桜井さんの使用する謎の多いブルーフラワーを、1ファン目線で出来得る範囲で再現するシリーズで、Ver1,Ver2ともに早期に完売してしまった人気シリーズです。組み上げ、セットアップはHumpback Engineeringの戸田高弘氏によって行われていますので、Reborn シリーズでもお馴染みの1mm以下の弦高セッティングを余裕で実現する、高精度のフレットワークを施しています。また、ハンダのチョイスや電装系のシールディングも含め、テレキャスターとしてはトップレベルのローノイズな出音を実現しています。

 今回Ver.3はVer.1とVer.2で得たノウハウから長所を抽出し、新たな方向性を加えたものになっています。ボディ材はアルダーに、21フレット仕様、ニッケルのミディアムジャンボのフレットなどはVer.1のチョイスに戻り、ラッカー塗装、ブリッジにはJOE BARDEN ( ジョーバーデン ) 製のスティール製プレート、ブラス製サドルのセットなどはVer.2からの流れを踏襲しています。
 ネック材のメイプルは板目で乾燥十分で軽く、強度のあるものをチョイスし、ヘッドシェイプはフェンダーのテレキャスターのシェイプです。ヘッド裏にはシビアなセッティングを証明する"Humpback Engineering"のステッカーが貼ってあります。

Teisco May Queen (2).jpgTeisco May Queen (3).jpgTeisco May Queen (4).jpgTeisco May Queen (5).jpg

 今回、ボディのカラーリングをよりこだわり、シリーズでは一番青みが強く出ています。これは、従来モデルのスポットライトを浴びた時の見え方がオリジナルよりも明るすぎる色味になってしまっていたために、ステージに立った時にオリジナルのルックスに近い見え方にするためです。

 更に今回の最大の挑戦としてはピックアップを変えたことです。従来はフロントにSeymour Duncan SH-1 -59 model、リアにLindy Fralin BROADCASTERを搭載していましたが、フロント、リアのキャラクターが違いすぎるがために、センターが使いにくく、存在感が薄くなっていました。今回はこれ1本でどんな現場でも対応できる多彩なサウンドを目指すため、思考錯誤の末、山口県宇部市のカスタムギター工房、Provision
社のハンドメイドピックアップを採用しました。フロントは59HB-n リアはTE-Rという型番です。同メーカーのピックアップですのでインピーダンスの特性がマッチしており、センターポジションのミックス時でのサウンドが存在感があり、魅力的なものになっています。

 最後にピックガードですが、中心部の透明部分の見え方に工夫を凝らし、これまでで一番美しい仕上がりになりました。

ボディ:アルダー
ネック:メイプル
指板:インディアンローズウッド
フレット : 21F
ナット:牛骨 42mm
ブリッジ:JOE BARDEN
ピックアップ(Neck): Provision 59HB-n (Bridge): Provision TE-R
コントロール: 1 Volume, 1 Tone(Bourns 500K)
コンデンサー: Jupitar Red Astron 0.05u
塗装 : ラッカーフィニッシュ
ピックガード : Custom See-through
重量:3.62kg

販売価格\298,000(税込)
Lasting EGC120 Brown(セミハードケース付き)

Teisco May Queen (6).jpgTeisco May Queen (7).jpgTeisco May Queen (8).jpgTeisco May Queen (9).jpg
Teisco May Queen (10).jpg
posted by LAST GUITAR at 21:32| Comment(0) | 入荷情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.