BLOG

2017年04月28日

ヴィンテージのティプルをハイオクターブギターにコンバージョン!Martin T-28 1925年製 Conversion to High Octave Guitar by CraftMusica 

Martin T-28 Conversion.jpgMartin T-28 Conversion (1).jpgMartin T-28 Conversion (2).jpgMartin T-28 Conversion (3).jpgMartin T-28 Conversion (4).jpg



 1925年製 Martin T-28 をハイオクターブギターにコンバージョンしました。
 ティプルとは戦前のアメリカの民族音楽で使われた楽器で、4コース10弦のテナーウクレレサイズの楽器です。1コース,4コースが各2本の弦の複弦、2コース、3コースが3本の弦の複弦で主にコードストロークで鈴鳴りのような効果を出す楽器でした。チューニングはオープンチューニングであったり、ウクレレチューニングであったりしましたが、張力が強かったり、弦た手に入らなかったりで、マーチンのビンテージ史においては存在感はあるのですが、現代で使う方はほとんどいないのが現状です。
 製作は高い木工技術持ち、アメリカンルーツミュージへの造詣の深いクラフトムジカの高山康夫さんにお願いしました。クラフトムジカの6弦ウクレレは当店でも取り扱っておりますが、非常に質が高く、小さなボディーながら音量が非常に大きいのです。そのノウハウを生かしていただこうと考えました。ただ、高山さんはこれまでハイオクターブギターを製作したご経験はありませんでした。
 今回当店としては6弦ウクレレではなくハイオクターブギターという形態にこだわりました。ハイオクターブギターとはあらゆる音が通常のギターの1オクターブ上の楽器ということです。ギター弾きにとっては通常弾いているコードフォームやソロのプレースタイルがそのまま使えるため、アンサンブルに対して非常に楽に入っていけるというメリットがあります。
 未知への挑戦、こちらの無理な注文を見事にやり遂げていただきました。使用する弦も高山さんが色々と試行錯誤の末、これというものを見つけてくれました。ご購入される方には細かくご説明致します。
コンバージョンの内容としては、新しいネックとブリッジ駒を製作の上、ネックリセットとブリッジ駒のリプレイスをしています。楽器本体の細かな傷みもついてに万全に修理しています。オリジナルのネックとブリッジ駒はお渡ししますので、理論上は元に戻すことも可能です。
ハカランダサイドバックの響きはなんとも言えません。90年以上前の楽器です。
サウンドは動画を参照ください。
トップ:スプルース
サイドバック:ハカランダ
ネック:マホガニー
フィンガーボード:エボニー
ブリッジ駒:エボニー
ナット&サドル:牛骨
ナット幅:45mm
スケール:432mm
パーフリング:ヘリングボーン(オリジナル)
ペグ:ゴールデンエイジ
販売価格\378,000
セミハードケース付き

Martin T-28 Conversion (5).jpgMartin T-28 Conversion (6).jpgMartin T-28 Conversion (7).jpgMartin T-28 Conversion (8).jpgMartin T-28 Conversion (9).jpgMartin T-28 Conversion (10).jpgMartin T-28 Conversion (12).jpgMartin T-28 Conversion (11).jpgMartin T-28 Conversion (13).jpg

posted by LAST GUITAR at 19:27| Comment(0) | 入荷情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.