BLOG

2017年02月07日

ボディ塗装をオールラッカーでリフィニッシュ、リボーンシリーズ最新作 Greco EG-650B Reborn Custom by Humpback Engineering 1974年製 の入荷です!

Greco EG-650B Reborn.jpgGreco EG-650B Reborn (1).jpg


東京都杉並区の浜田山に工房を構えるHUMPBACK ENGINEERINGの代表戸田高弘氏によって、ジャパンヴィンテージの名器を、現代的なハイエンドギター並の演奏性へカスタマイズすることで蘇らせる企画”Reborn”シリーズの最新入荷です。

今回トライしたのは、1974年製の製作されたGreco EG-650Bです。レスポールタイプはストラトに比べ手数がかかるため、リボーンされることは少ないので、レスポールファンの方は是非ともこの機会をお見逃しなく。

今回第一の売りは、塗装をラッカーにてオールリフィニッシュしたことです。これは初めての試みです。ウレタン塗装がラッカーに変わることにより、ボディの振動感がよりダイレクトに身体に伝わり、よりエモーショナルな演奏が出来るようになりました。単純に生鳴りの音量も大きくなりました。見た目的にも傷が無くなりましたので新品のギターのようになり、オーラがあります。

Greco EG-650B Reborn (2).jpgGreco EG-650B Reborn (3).jpgGreco EG-650B Reborn (4).jpgGreco EG-650B Reborn (5).jpg

 ピックアップは、ピックアップカバーにグレコロゴが刻印されているタイプで、ルックス的にもカッコイイいいのと、ヴィンテージ価値も高いためオリジナルを生かすことにしました。結果、太く甘くオールドの味わいもあるサウンドに仕上がりました。

その他のリボーンの内容は
フレット をJescar 43080 Stainless (JD6230に対応)に交換
ナットをタスクへ
ペグをGOTOH SG301 Goldへ
コンデンサーをJuptar Red Astron 0.02へ
内部サーキット交換、独自のノウハウを持つノイズレス加工。

さらにいつも通りReborn シリーズの肝である1mm以下の弦高セッティングを余裕で実現する、高精度のフレットワークを施しています。

本体重量は3.975kgです。

ジャパンヴィンテージの名器のサウンドをこれ以上ないほどの弦高の低さとピッチの良さでひきこなしたい方にオススメです。

販売価格\178,000(税込)
Lasting EGC120 セミハードケース付き

Greco EG-650B Reborn (6).jpgGreco EG-650B Reborn (7).jpgGreco EG-650B Reborn (8).jpgGreco EG-650B Reborn (9).jpg
posted by LAST GUITAR at 15:16| Comment(0) | 入荷情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.