BLOG

2017年01月16日

フレット交換済みによる演奏性抜群のフルアコ、ソープバーP-90の極上トーン。1958年製 Gibson ES-125

Gibson ES-125.jpg

Gibson ES-125 (1).jpg

1958年製 Gibson ES-125の入荷です。

 ピックアップにP-90を搭載した、ES-175と並ぶ最もスタンダードなフルアコがES-125です。

 国内有名工房にて、ネック調整、フレット交換が行われています。60年近くが経過したビンテージギターですので、打ち傷、ウェザーチェックなどはところどころに見られますが、オリジナルのラッカーはまだ艶があり、サンバーストのブラウンの部分も濃い感じです。パーツはフレット、ナット以外はオリジナルです。

 ヘッドの裏側の先端は、ケースの内装材に触れていた期間が長いのか、塗装の剥げがあります。

 珍しいのはピックアップのP-90で、ドックイヤータイプが圧倒的に多い中、ソープバータイプが取り付けられており、男性的な雰囲気を感じさせています。

Gibson ES-125 (2).jpgGibson ES-125 (3).jpgGibson ES-125 (4).jpgGibson ES-125 (5).jpg

ネックシェイプは一般的な58年より少し細めの、59〜60年を思わせる少し細めのシェイプで、ナット幅は43mmです。

 驚くほどハイゲインで艶があり、ジャジーなサウンドは魅力的です。テクニカルなプレーを標榜される方はカッタウェイが欲しいのかもしれませんが、ノンカッタウェイの方が音響特性は優れているため、太くリバーブ感豊かな音になります。ES-175の50年代の価格がかなり高騰してしまっていることを考えると、非常にコストパフォーマンスの良いヴィンテージフルアコだと考えられます。おすすめです。

販売価格\248,000(税込)
ハードケース付き

Gibson ES-125 (6).jpgGibson ES-125 (7).jpgGibson ES-125 (8).jpgGibson ES-125 (9).jpgGibson ES-125 (10).jpg
posted by LAST GUITAR at 21:22| Comment(0) | 入荷情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.