BLOG

2016年11月28日

内田ギター (内田光広) のソプラノウクレレとテナーウクレレの入荷です!

385694_403815252996094_465513599_n.jpg

内田光広さん。
ギタールシアーの中でも伝説的存在。
その輝かしいキャリアの中でも特出すべきは、1988年〜1990年になんとあのアイルランドのローデンギターの工場長を務めたことかもしれません。
帰国後は、1本1本の楽器を図面を設計するところから始め、同じギターは作らないというスタイルで、芸術性の高い楽器を生み出してきました。
内田さんとの出会いは2012年、私がギタープラネットのマネージャーを勤めていた際、アイルランドからジョージ・ローデンを会社で招聘した時です。
ローデンにとって唯一の来日の条件がミッキー(内田さん)に会うということでした。ローデンさんを長野県高遠町の内田さんの工房にお連れしました。お二人の22年振りの再会だったんです。
※写真は2012年6月、お茶の水のジャズライブハウスNARUで、ローデンと内田さんがアコースティックギターマガジンの取材に応じているところです。
熱狂的な愛好家の手に渡るのみで滅多に世にでることが無い楽器、内田ギター(Mitsuhiro Uchida)
遂に当店に並びました。
楽器店に新品が並ぶのは20年以上振り、ウクレレでは初めてだそうです。
当店を選んでいただいてありがとうございます。

Uchida Soprano.jpgUchida Soprano (6).jpg
Soprano Ukulele Cedar/Hawaiian Koa \432,000(税込)



Uchida Tenor.jpgUchida Tenor (6).jpg
Tenor Ukulele Spruce/Jacaranda \648,000(税込)
posted by LAST GUITAR at 20:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.