BLOG

2016年11月14日

モーリスの代表機種MGをマスタールシアーの森中巧が製作!スーパースターになるためにモーリスを弾いて来たかつての若者に是非弾いていただきたい!Morris MG130 Takumi Morinaka


Morris MG-130.jpgMorris MG-130 (1).jpg

モーリス手工ラインのルシアー、森中巧(Takumi Morinaka)氏が製作した、手工品としてのMorris MG-130入荷しました。

Morris(モーリス)のラインアップの中でも、その中の最高峰に位置するのがルシアーメイドです。その中でもトップの地位にあり、アーティストモデルも数多く手掛けるマスタールシアーが森中巧氏で、森中氏が全工程に携わり製作されたモデルはすべて1本もののオーダー品で、厳選された素材を使用し丁寧に仕上げられています。
モーリスのMGの型番は古くはアリスの谷村新司が使っていたことで知られ、ギブソンのジャンボの影響を受けながらも、モーリス独自のシェイプとして40年以上もの間、日本の音楽シーンに受け入れられてきたまさにモーリスの顔と呼べるモデルです。

このMGをトップルシアーである森中氏が手がけたということは大変意味があり、モーリスともに育ってきたかつての若者の方にメモリアルモデルとして是非持っていただきたいところです。

 本来的には60万円に近い金額で販売されるべきスペックですが、楽器フェアも終わり、ショー展示品ということで、今回アウトレット的な特別価格にて販売させていただきます。

Morris MG-130 (2).jpgMorris MG-130 (3).jpgMorris MG-130 (4).jpgMorris MG-130 (5).jpgMorris MG-130 (6).jpgMorris MG-130 (7).jpg
トップには、上質なジャーマンスプルースが使用されており、とても質感の良いサウンドに仕上がっています。サイドバックは、インディアンローズウッド、ヘッドプレートはハカランダ、ネックは、ホンジュラスマホガニーです。またトップのみがマット仕上げ、サイドバックはグロス仕上げになっているのも特徴です。落ち着きあるブラウンサンバーストカラーにモーリス縦ロゴインレイ、フィンガーボードインレイ、シャーラーゴールドチューナーが映える豪華なルックスも大変魅力的です。

肝心な音ですが、音量、音の伸びともに素晴らしく、弾かれたら驚かれると思います。MGの特徴であるキラキラと抜ける高音も、ルシアーメイドとしてさらに上質なものとなっています。

ボディスタイル:オリジナルドレッドノート
トップ:ジャーマンスプルース単板
サイド&バック:インディアンローズウッド単板
フィンガーボード&ブリッジ:エボニー
ナット幅:43.0mm
ネック材:ホンジュラスマホガニー
ペグ:シャーラーM6
スケール:652mm
ナット・サドル材:牛骨
カラー:ブラウンサンバースト

販売価格\398,000(税込)
ケース:ハードケース

Morris MG-130 (8).jpgMorris MG-130 (9).jpgMorris MG-130 (10).jpgMorris MG-130 (11).jpg
IMG_9659.JPG

森中巧氏(写真右)
posted by LAST GUITAR at 17:39| Comment(0) | 入荷情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.