BLOG

2019年04月23日

マカフェリギタートークショー&ミニライブ 大盛況で終了いたしました。

4月20日に当店で行いました、マカフェリギタートークショー&ライブ、大盛況で終えることができました。
来ていただきました皆さん、ありがとうございます。

58372569_450953958988665_4226927772716498944_n.jpg


左から店主の私、小山晃弘、中央、寺田楽器の佐野博士工場長、ストリングフォニックの竹本武治社長です。
まずはこのジャンルの総論的なところからオリジナルセルマーのお話、そしてその伝統を今に復刻しているルシアーやメーカーなどの特徴などのお話から始まりました。
竹本さんとは同じ業界に長くおり、興味のある楽器のジャンルも似ていたことから、これまでもいろんな場面で接点がありましたが、飲み会などの席以外で、こうしてガチでお話する機会は初めてでしたので、興味深い話も聞けました。途中、私が前職時代、16年くらい前に企画し、寺田楽器さんにお願いして商品化したマカフェリタイプのギターのお話も出て来て、懐かしかったです。
中盤から話題はストリングフォニックブランドのギターの仕様、ディテールへのこだわりに入って行きました。このあたりからパネリスト、お客さんの緊張感も一気にヒートアップして行きました。
途中、製作上の試行錯誤の話になると、製作を担当した寺田楽器の佐野さんも黙っておれず、竹本さんとの議論の秘話も披露し、会場の爆笑も交えながらのトークショーとなりました。
竹本さん、佐野さんも1時間では当然話し足りない感じでしたが、後半のライブを楽しみに来られていたお客様もいらっしゃったので、お二人をなだめる形で(笑)トークは終了しました。

ギターの構造などについてのトークの詳しい内容は、当日お客さんとして来てくださったウッカリンさん(日本人の為のマニューシュジャズ情報サイト”Manouche JAZZ for Japan"代表)がブログでまとめてくださっている内容がわかりやすいのでこちらを参照ください。



57540086_312183266119632_6836706814101291008_n.jpg57434202_827518874273261_592405028115841024_n.jpg


後半は手島大輔(G)、トミオカマサヨシ(G)、阿部恭平(B)、のライブ。このジャンルの第一線で活躍するミュージシャンが集まり、最高の演奏を聴かせてくれました。途中、トークで取り上げたギターを手島さんに弾いていただくシーンもあり、竹本社長もご満悦なご様子。6月からは当店で手島大輔さんのギター教室も始まる予定です。

ほんの少しだけ、演奏風景のおすそわけです。



57336181_689440201514334_4611197135184986112_n.jpg57703256_274741836796560_7780835621848743936_n.jpg57467769_2188937427854679_2879646259092652032_n.jpg

イベント脇では竹本さんから大阪から持ち込んだこのジャンルのマニアックな音源や書籍、弦、ピックなどが並び、普段東京では見ることのできない商品にお客さんもおお喜びでした。
IMG_6644.jpgIMG_6643.jpg


イベント終了後も興奮冷めやらない皆さんの談笑は終わらず、賑わいました。竹本さんによるギター無料診断も好評でしたよ。

6月2日には同じく竹本さん、佐野さんをお呼びしてフルアコトークショーを行う予定ですので、こちも期待大です。アーチトップのギターでもお二人とも話すことは山ほどあるようですよ〜

マカフェリトークショー.jpg


posted by LAST GUITAR at 22:16| Comment(0) | イベント

2019年04月12日

K.Yairi YW800G Jacaranda 1974年製 ヤイリギターの伝説的機種の入荷です!

K.Yairi YW800G Jacaranda.jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (1).jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (2).jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (3).jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (4).jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (5).jpg




1974年製 K.Yairi YW800Gの入荷です。

 ジョニー・キャッシュ、マール・ハガードなど有名カントリーシンガーが好んで使ったアメリカのギターブランド、Grammer(グラマー)のデザインをモチーフに、矢入一男率いるK.Yairiギターが製作したギターです。ボディ内部の紙ラベルには、Hand Crafted by K.Yairiとプリントされ、矢入一男氏のサインがされています。
 このオールハカランダ(合板)のYW800Gはルックス的にも野性味溢れる魅力に溢れ、ヤイリの歴史の中でも長期的に人気機種として知られ、北米の中古市場での人気も非常に高いです。

 本楽器は当店入荷後にフレット交換、ペグ交換を行いましたので、新品のような弾き心地です。打ち傷や、ボディの塗装に白濁が見られる箇所がありますが、これがヴィンテージ感を出しており味わいがあります。

現在、弦高は6弦12Fで2.3mm 1弦12Fで1.9mmと低めに調整されています。
魅力的なサウンドは動画を参照ください。


トップ:ハカランダ
サイドバック:ハカランダ
ネック:マホガニー
フィンガーボード:ハカランダ
ブリッジ:ローズウッド
ナット幅:44mm
スケール:645mm
ナット&サドル:牛骨

販売価格\198,000(税込)
ハードケース付き

K.Yairi YW800G Jacaranda (6).jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (7).jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (8).jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (9).jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (10).jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (11).jpgK.Yairi YW800G Jacaranda (12).jpg



posted by LAST GUITAR at 18:21| Comment(0) | 入荷情報

2019年04月11日

当店特注モデル、Provision TEC Light Ash Blackの新作が入荷しました。

当店特注モデル、Provision TEC Light Ash Blackです。

山口県宇部市にあるカスタム工房「プロビジョンギター」。少数精鋭のスタッフにより11本丁寧にオールハンドメイドで仕上げられています。様々なニーズに対応する確かな技術力により、近年では国内外のセッションミュージシャンからも支持されています。

Provision TEC LA All BLK (9).jpg

本器は、プロビジョンオリジナルのテレキャスタータイプモデルをベースにオーダーした当店特注モデルです。ブラックカラー、3プライのブラックガードに、ボディトップのブラックのカスタムバインディング、ブラックハードウェアとクールなルックスです。
Provision TEC LA All BLK.jpg

Provision TEC LA All BLK (1).jpg

Provision TEC LA All BLK (2).jpg

Provision TEC LA All BLK (3).jpg

ウッドマテリアルは、塗りつぶしのブラックカラーではありますが、希少なライトアッシュ1Pボディに、柾目のメイプルネックと贅沢な内容です。またフィンガーボードのローズウッドもできる限り黒いものを採用しています。ネックシェイプは、プロビジョンのノーマルUシェイプで比較的どなたにも馴染みやすいと思います。ピックアップは、プロビジョンオリジナルのピックアップを搭載しオリジナルサウンドをアウトプットします。ペグは、後藤ガットの510シリーズをマウントしており、チューニングもよりスムーズに行えるのも魅力です。ケースは、TSAロックがついたSKBのハードケースが付属いたします。

Provision TEC LA All BLK (5).jpg

Provision TEC LA All BLK (6).jpg

Provision TEC LA All BLK (7).jpg

ボディ:ライトアッシュ1P
ネック:メイプル(柾目)
ネックグリップ:ノーマルUシェイプ
指板R:240R
ナット幅:42ミリ
フレット数:22
ポジションマーク:クリームドット
スケール:ロング
ピックガード:ブラック3P
ピックアップ:Provision オリジナルテレキャスタータイプ
ペグ:後藤ガットSGS510Z-EN07-B
ブリッジ:後藤ガットGTC202B
フィニッシュ:極薄OLDラッカートップ艶有
重量:約3.62kg
SKBハードケース付
新品
Sold Out


タグ:カスタム
posted by LAST GUITAR at 20:48| Comment(0) | 入荷情報
Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.