BLOG

2017年10月31日

ついに最終形か?人気シリーズ集大成 Lasting TL-Blue Flower ”Reflection” Ver.3の入荷です!

Teisco May Queen.jpg 
Teisco May Queen (1).jpg

当社オリジナルブランド、Lasting の新作、Lasting TL-Blue Flower ”Reflection” Ver.3の入荷です。希代のソングメーカー、シンガーであるMr.Childrenの桜井和寿さんに敬意を表し、桜井さんの使用する謎の多いブルーフラワーを、1ファン目線で出来得る範囲で再現するシリーズで、Ver1,Ver2ともに早期に完売してしまった人気シリーズです。組み上げ、セットアップはHumpback Engineeringの戸田高弘氏によって行われていますので、Reborn シリーズでもお馴染みの1mm以下の弦高セッティングを余裕で実現する、高精度のフレットワークを施しています。また、ハンダのチョイスや電装系のシールディングも含め、テレキャスターとしてはトップレベルのローノイズな出音を実現しています。

 今回Ver.3はVer.1とVer.2で得たノウハウから長所を抽出し、新たな方向性を加えたものになっています。ボディ材はアルダーに、21フレット仕様、ニッケルのミディアムジャンボのフレットなどはVer.1のチョイスに戻り、ラッカー塗装、ブリッジにはJOE BARDEN ( ジョーバーデン ) 製のスティール製プレート、ブラス製サドルのセットなどはVer.2からの流れを踏襲しています。
 ネック材のメイプルは板目で乾燥十分で軽く、強度のあるものをチョイスし、ヘッドシェイプはフェンダーのテレキャスターのシェイプです。ヘッド裏にはシビアなセッティングを証明する"Humpback Engineering"のステッカーが貼ってあります。

Teisco May Queen (2).jpgTeisco May Queen (3).jpgTeisco May Queen (4).jpgTeisco May Queen (5).jpg

 今回、ボディのカラーリングをよりこだわり、シリーズでは一番青みが強く出ています。これは、従来モデルのスポットライトを浴びた時の見え方がオリジナルよりも明るすぎる色味になってしまっていたために、ステージに立った時にオリジナルのルックスに近い見え方にするためです。

 更に今回の最大の挑戦としてはピックアップを変えたことです。従来はフロントにSeymour Duncan SH-1 -59 model、リアにLindy Fralin BROADCASTERを搭載していましたが、フロント、リアのキャラクターが違いすぎるがために、センターが使いにくく、存在感が薄くなっていました。今回はこれ1本でどんな現場でも対応できる多彩なサウンドを目指すため、思考錯誤の末、山口県宇部市のカスタムギター工房、Provision
社のハンドメイドピックアップを採用しました。フロントは59HB-n リアはTE-Rという型番です。同メーカーのピックアップですのでインピーダンスの特性がマッチしており、センターポジションのミックス時でのサウンドが存在感があり、魅力的なものになっています。

 最後にピックガードですが、中心部の透明部分の見え方に工夫を凝らし、これまでで一番美しい仕上がりになりました。

ボディ:アルダー
ネック:メイプル
指板:インディアンローズウッド
フレット : 21F
ナット:牛骨 42mm
ブリッジ:JOE BARDEN
ピックアップ(Neck): Provision 59HB-n (Bridge): Provision TE-R
コントロール: 1 Volume, 1 Tone(Bourns 500K)
コンデンサー: Jupitar Red Astron 0.05u
塗装 : ラッカーフィニッシュ
ピックガード : Custom See-through
重量:3.62kg

販売価格\298,000(税込)
Lasting EGC120 Brown(セミハードケース付き)

Teisco May Queen (6).jpgTeisco May Queen (7).jpgTeisco May Queen (8).jpgTeisco May Queen (9).jpg
Teisco May Queen (10).jpg
posted by LAST GUITAR at 21:32| Comment(0) | 入荷情報

10/27 デイジー☆どぶゆき「浜に咲く」公演、大成功で終了しました。

10月27日 デイジー☆どぶゆき座長公演

『浜に咲く』〜思い出の倶楽部ハマギク〜

無事に終わりました。

来てくださったお客様、マドンナ役のelliさん、出演者、スタッフの皆さんお疲れ様です。

おかげ様で2日前にチケットはソールドアウトとなりました。

来年もできるといいですが。どぶゆきさんの頭の中にはすでに次の構想があるようです。


4_large.jpg10_large.jpg

17_large.jpg19_large.jpg45_large.jpg33_large.jpg16_large.jpg57_large.jpg59_large.jpg21_large.jpg27_large.jpg60_large.jpg
posted by LAST GUITAR at 15:53| Comment(0) | 日記

2017年10月16日

HSアンダーソンの名器ストラトキャスターST90を現代のプレーに対応出来るようにカスタマイズ!リボーン最新作 H.S. Anderson H.S.ST90 Reborn Custom by Humpback Engineering


H.S ANDERSON ST REBORN.jpgH.S ANDERSON ST REBORN (1).jpg
東京都杉並区の浜田山に工房を構えるHUMPBACK ENGINEERINGの代表戸田高弘氏によって、ジャパンヴィンテージの銘器を、現代的なハイエンドギター並の演奏性へカスタマイズすることで蘇らせる企画”Reborn”シリーズの最新入荷です。今回はプリンスのマッドキャットのテレキャスターでお馴染みの、モリダイラ楽器が販売してた伝説的ブランド、HSアンダーソンソンのストラトキャスターです。栓ボディ、メイプルネック、ローズウッド指板のマテリアルで、3TSカラーのH.S.ST90をカスタマイズしました。
1970年代、おそらく76年から77年ごろの楽器です。

H.S ANDERSON ST REBORN (2).jpgH.S ANDERSON ST REBORN (3).jpgH.S ANDERSON ST REBORN (4).jpgH.S ANDERSON ST REBORN (5).jpgH.S ANDERSON ST REBORN (6).jpg

40年程度が経過したまさにジャパンヴィンテージと呼べる個体です。重量3.82kgと当時としては標準的な重量で、ネックのハードメイプルの木取りは,戸田氏が最も音が良いと考えている板目のネックです。

ピックアップは山口県宇部市のプロビジョンギターが製作したPSST-PU1[Neck&Middle&Bridge]を搭載しました。現在北米で人気の高いピックアップSuhr V60LPの特性を解析し、更に細かなフィーリングを反映させることを目指したものです。ストラト用ピックアップとしてプロギターリストを中心に高く評価されています。ボディ内部は将来的に2ハム仕様にも出来るようザグられています。

モディファイの内容をまとめますと

フレット をJescar 43080 Stainless (JD6230に対応)に交換
ナットをタスクへ
サーキット交換とキャビティー内のローノイズ加工
ポット、スイッチ交換
ペグをGotoh SD91へ交換
Juptar Red Astron コンデンサ 0.05uを使用
トレモロのスプリングをRawVintageスプリングへ
トラスロッドの調整を、ネックを外さなくても出来るようにするピックガードの加工。

 さらにいつも通りReborn シリーズの肝である1mm以下の弦高セッティングを余裕で実現する、高精度のフレットワークを施しています。

ハイエンドなプレーアビリティーを追求しながらも、オリジナルの暖かみのあるサウンドニュアンスは残し、ストラト好きには喜んでいただけるに違いないギターに仕上がりました。

ケースは当社オリジナルセミハードケースLasting EGC120 Brown(一般の市場価格\12,960)が付属致します。

価格はピックアップを変えない場合と比べピックアップ分のみ高くなっています。

販売価格¥168,000(税込)
EGC120Brown ケース付き

H.S ANDERSON ST REBORN (7).jpgH.S ANDERSON ST REBORN (8).jpgH.S ANDERSON ST REBORN (9).jpgH.S ANDERSON ST REBORN (10).jpg
posted by LAST GUITAR at 21:15| Comment(0) | 入荷情報
Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.