BLOG

2017年06月26日

当店オーダーモデル、Sonic STR-338 待望の入荷です。

1960年代の王道ストラトキャスターをイメージしながらもSonicならではの要素をふんだんに盛り込んだ当店オーダーモデルのSTR-338です。

「Sonic」は、1983年より埼玉県川口市に工房を構えるラムトニックカンパニーが手掛ける日本屈指のギターブランドで、プレイヤーの様々な面での心地良さを追求した楽器製作は、素晴らしいものがあります。特に長年の経験に基づいた熟練の技による丁寧な組み込みが魅力で、使用するネジやペグの取り付け方、フレット処理、ネックポケット処理など細部まで徹底されています。

Sonic ST-338.jpg

Sonic ST-338 (1).jpg

Sonic ST-338 (2).jpg

Sonic ST-338 (3).jpg

本器は、王道のアルダーボディ、メイプルネック、ローズウッドフィンガーボードのウッドマテリアルです。重量は、約3.34kgと比較的軽量で抱えやすいです。ピックガードは、ミント・グリーン3プライ、バックパネルもミント・グリーンの3プライです。ネック周りは、フラットめなラジアスとほどよいグリップ感が相まった心地よいフィーリングで様々なスタイルの演奏をアシストしてくれます。ブリッジにはチューニングの安定度を追求し、長年の経験とノウハウを注ぎ込み完成されたSonic独自設計のシンクロナイズド・トレモロ"Sonic Stable-Tune Tremoro"を採用し、抜群の安定感を誇っています。

Sonic ST-338 (4).jpg

Sonic ST-338 (5).jpg

Sonic ST-338 (6).jpg

Sonic ST-338 (7).jpg

ピックアップは、ヴィンテージスタイルを基本としながらもソニックのサーキットとのバランスが考慮された自社製ハンドワインディング・ピックアップ" JUPITER Series LST-01"を搭載しています。そしてサーキットには、ボリュームとトーンに、フルテン時に回路をバイパスして音抜けを改善させるフルアップ・ポットを採用したソニックオリジナルサーキット「Sonic Turbo Blender 4」を搭載しています。これによりストラトキャスターのルックス、オリジナルのサウンドを損なわないまま、太くあたたかいトーンを得ることを可能としています。

ライブ、レコーディング、セッションなど様々な環境でご使用頂ける拘りの詰まったオーダーモデルを是非、店頭でお試しください。
Sonic ST-338 (8).jpg

Sonic ST-338 (9).jpg

Sonic ST-338 (10).jpg

-スペック-
ネック:メイプル、ローズウッド指板、22F、フルラッカー(Vintage Natural)
ボディ:アルダー材、フルラッカー、3-Tone Sunburst
ピックガード:ミント・グリーン 3P
ハードウェア:
糸巻き:ゴトー製 SD91-05ML ニッケル
ブリッジ:Sonic Stable-Tune Tremolo 、Floating(少なめ)
ピックアップ:Sonic Jupiter LST-01 set(自社製ハンドワインディングPU)
サーキット:Sonic Turbo Blender 4(Full-up Pot採用、CRL 5way スイッチ)
重量:約3.34kg
SKBケース付

税込販売価格¥328,000

1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG
posted by LAST GUITAR at 19:31| Comment(0) | 入荷情報

2017年06月22日

ラストギター教室 第3回ギター&ウクレレ発表会のご報告


ラストギター教室 第3回ギター&ウクレレ発表会のご報告
2017年6月18日(日)
阿佐ヶ谷アートスペースプロットにて発表会を行いました。
プロットはすずらん通り商店街にある小劇場です。
今回は小山アコギクラス、とよまき先生バンジョークラス、小山ウクレレクラス、どぶゆき先生ウクレレクラス(キワヤクラスと合同)、Makalani先生スラックキーギターレッスン、デイジーどぶゆきロックウクレレクラス合同で行いました。
講師演奏を含む40演目、第一部、第二部合わせ13時から19時まで、皆さんの熱い演奏で大変盛り上がりました!生徒さん、先生方、ご観覧いただいたお客様、スタッフ、お疲れ様でした。大成功でしたね。
会場のプロットは昨年に続き2度目でしたが、ステージの雰囲気が非常によくで、スポットライトを浴びると本当に演奏家になった気持ちがします。生徒の皆さんは大変な緊張の中、普段の練習の成果を見せてくれました。本当にいい演奏が多かったです。
至らない点もあったと思いますが、来年に生かしていきますので、気づいた点はアドバイスお願いします。
毎年徐々に規模が大きくなってきているので、今回は第一部、第二部に分け入れ替え制にせざるを得ませんでした。挨拶でも触れましたが、来年は抽選によりますが、杉並公会堂の小ホールで行いたいという希望も持っています。
今回一緒にできなかった、坂野いぶきジプシージャズギタークラス、Gonta(ゴンタ)先生ソロギタークラス、塩高先生ジャズギタークラス、竹内信次先生フラットマンドリンクラスも、次は合同で出来たらいいなと思います。
それではまた1年、よろしくお願いします!
(写真は大まかなダイジェストなので、全然網羅出来ていません!自薦他薦ございましたら、写真をくだされば追加でアップします!すいません)

2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG
7.JPG8.JPG10.JPG11.JPG12.JPG13.jpeg14.jpeg15.JPG16.JPG
posted by LAST GUITAR at 23:01| Comment(0) | 日記

2017年06月19日

BLUE STRINGS 475 栃  渾身の東京ハンドクラフトギターショーモデルの入荷です!

BLUE STRINGS 475 栃.jpgBLUE STRINGS 475 栃 (1).jpg



 静岡県浜松市に工房を構える孤高のギター製作家、竹下泰弘が製作する楽器のブランド" BLUE STRINGS"。本楽器は東京ハンドクラフトギターショー向けに作られたショーモデルです。
 この数年、ブレーシングやネックヒール付近の処理など独自の考え方を実践することで着実にファンを増やしてきた竹下氏。その竹下氏が最も自信を持ち、ここ数年で一番販売実績の多いボディシェイプがこの475です。
 
 475はマーチン00サイズやギブソンL-00などから着想を得たサイズ感で、少し短めのスケール(628mm)かつ緩めのテンション感から生まれる歌うようなサウンドが特徴です。
日本古来の木材”栃”で、非常に質の高いものが入手出来たということで、今回2017東京ハンドクラフトギターショーモデルとして、渾身の力を込め製作しました。見た目も非常インパクトがあり、美しいです。
 トップブレーシングはプレート型と呼ばれる構造を採用しております。これはトップ板と並行に板が浮かせた状態で張り巡らされている構造で、強度的に優れているだけでなく、独自のリバーブ感があり、神秘的な鳴りを実現しています。
ハイフレットまで手が自在に入るツイステッドカッタウェイ構造に加え、ネックヒールがボディ内部に入るヒールレス構造で、プレイアビリティー面ではこれ以上ないという仕様です。
 フレットはEvo Goldと呼ばれる金色のものを使っています。

BLUE STRINGS 475 栃 (2).jpgBLUE STRINGS 475 栃 (3).jpgBLUE STRINGS 475 栃 (4).jpgBLUE STRINGS 475 栃 (5).jpgBLUE STRINGS 475 栃 (6).jpgBLUE STRINGS 475 栃 (7).jpg


竹下氏自らの手によるサウンドの動画も参考になさってください。是非とも体感いただきたいサウンドです。
トップ:アディロンダックスプルース
サイド&バック:スポルテッド・カーリー栃
ネック:マホガニー
ヘッド:エボニー
指板:マダガスカルローズウッド
ブリッジ:マダガスカルローズウッド
ペグ: Gotoh SGR510 GG EN01
塗装:グロス・ラッカー
トラスロッド:Gotoh TFC-385+カーボンファイバー
フレット:20フレット(Jescar EVO GOLD)
ナット幅:43.5mm
スケール:24.75インチ(628.65mm)
ジョイント:14フレット、ヒールレス
ツイステッドカッタウェイ
プレート型ブレーシング
販売価格\756,000(税込)
ハードケース付き


BLUE STRINGS 475 栃 (8).jpgBLUE STRINGS 475 栃 (9).jpgBLUE STRINGS 475 栃 (10).jpgBLUE STRINGS 475 栃 (11).jpg

posted by LAST GUITAR at 19:56| Comment(0) | 入荷情報
Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.