BLOG

2016年06月30日

乾燥方法にこだわった国産木材をエレキギターへと昇華!Sakuwood Guitars MR(ムーンレボリューション)シリーズ、MR-37とMR-40の入荷です!

Sakuwood Guitar MR-37.jpgSakuwood Guitar MR-37 (1).jpgSakuwood Guitar MR-37 (2).jpgSakuwood Guitar MR-37 (3).jpgSakuwood Guitar MR-37 (4).jpgSakuwood Guitar MR-37 (5).jpg


 SAKUWOODは天然乾燥木材のブランドで、農林業文化の研究機関である一般社団法人創造再生研究所が管理をしています。SAKUWOODのプロデュースにより、国産木材だけで組み上げられるギターが2015年のウッドデザイン賞を受賞し、ギターやアンプなど楽器を製作するメーカーとして、Sakuwood Guitarsが生まれました。
エレキギターのシリーズはMR(ムーンレヴォリューション)と銘されています。

 本器MR-40はボディのセンター部分に北海道産のセンを使い、ボディ周辺部のネックおよびヘッド材には静岡県産の桧(ヒノキ 天竜産)の同じ株から採ったものを使っています。セン、桧ともに8年以上天然乾燥したものを選び、なるべく木質形成を壊さないよう天然乾燥と人工乾燥のをミックスした低音乾燥方法で、含水率を7%まで下げました。

 これらの材を、静岡県浜松市に工房を構え、某有名ギターメーカーで数々のヒット機種を生み出した経験のあるギター製作歴40年を超えるベテラン製作家、松井正博氏によって組み上げました。木質形成の解析は京都大学森林科学学科が行っています。

 ピックアップには山口県宇部市のプロビジョンギターが製作し、このギターの発売に合わせ製品化されたPSST-PU1[Neck&Middle&Bridge]を搭載しました。現在北米で人気の高いピックアップSuhr V60LPの特性を解析し、更に細かなフィーリングを反映させることを目指したものです。

本器MR-37は上質な杉の特性が良く出ており、生音でもソリッドギターとは思えない振動感と音量があります。従ってアンプリファイした音も太く様々な表情を持ちます。

Sakuwood Guitar MR-37 (6).jpgSakuwood Guitar MR-37 (7).jpgSakuwood Guitar MR-37 (8).jpgSakuwood Guitar MR-37 (9).jpg

ボディ:杉/栓(センター)/杉
ネック:杉
フィンガーボード:パーフェロー
フレット:SBB-213
ピックアップ:PSST-PU1
ブリッジ:GOTOH GE102TGG
ペグ:GOTOH SG381-07GG-LMGT
ピックガード:杉材/アクリル合成
ボディ塗装:木地着色/トップラッカー仕上
ナット:ブラス42.5mm
スケール:648mm
ケース:Lasting EGC-120

販売価格\370,000(税別)
\399,600(税込)






Sakuwood Guitar MR-40.jpgSakuwood Guitar MR-40 (1).jpgSakuwood Guitar MR-40 (2).jpgSakuwood Guitar MR-40 (3).jpgSakuwood Guitar MR-40 (4).jpgSakuwood Guitar MR-40 (5).jpg



 MR-40は生音の振動感が素晴らしいのはMR-37同様ですが、杉を使ったMR-37と比べ、剛性が高く重量もあるため、低音のパワーが素晴らしく、中域も輪郭のはっきりした音像ですので、オーバードライブやディストーションを使ってもコード感がしっかり残り、エレキギターが求められる役割を全てカバー出来る感じです。

ボディ:桧/栓(センター)/桧
ネック:桧
フィンガーボード:パーフェロー
フレット:SBB-213
ピックアップ:PSST-PU1
ブリッジ:GOTOH GE102TGG
ペグ:GOTOH SG381-07GG-LMGT
ピックガード:杉材/アクリル合成
ボディ塗装:木地着色/トップラッカー仕上
ナット:ブラス42.5mm
スケール:648mm
ケース:Lasting EGC-120

販売価格\400,000(税別)
\432,000(税込)

※Sakuwood Guitars の代理店業務は弊社(株)ラストギターが担当しております。

Sakuwood Guitar MR-40 (6).jpgSakuwood Guitar MR-40 (7).jpgSakuwood Guitar MR-40 (8).jpgSakuwood Guitar MR-40 (9).jpg
posted by LAST GUITAR at 18:42| Comment(0) | 入荷情報

2016年06月28日

6月26日(日)に開催しましたラストギター教室 第2回ギター&ウクレレ発表会 のご報告です!

FullSizeRender.jpg

6月26日(日)にラストギター教室の発表会を阿佐ヶ谷アートスペースプロットにて行いました。

 出演されたのは
私小山が教えている、
ウクレレグループレッスンの生徒さん、
ウクレレ個人レッスンの生徒さん、
アコースティックギターレッスンの生徒さん

デイジーどぶゆき先生が教えていらっしゃる
キワヤどぶゆきクラスの生徒さん、
ウクレレ個人どぶゆきクラスの生徒さん、
どぶゆきロックウクレレクラスの生徒さん

塩高和之先生が教えていらっしゃる
ジャズギターレッスンの生徒さん

坂野いぶき先生が教えていらっしゃる
ジプシージャズギターレッスンの生徒さん

総演目36題目という盛りだくさんの内容。
13時開演、数回の休憩を挟み、2部構成で20:15分までのプログラムという壮大なプログラムでした!

更に、会場で簡単ですが打ち上げを行い、ゲストミュージシャン

わかめとミュゼット
リコレレ Featuring.金子三佐子
坂野いぶきカルテット(飛び入り)

演奏も行い、美味しいお酒をいただきながら贅沢な時間を楽しみました。

演奏された皆さん、これまでの練習お疲れ様でした。そして本番のパフォーマンスもすばらしかったです。
聴きに来て下さった観客の皆様もありがとうございます!

また来年もやります!御期待下さい!

2.JPG

第一部終了時の記念撮影。皆様良い顔されてます!


3.JPG

アコースティックギターレッスンの生徒さん。スワロウテイルバタフライを熱唱され会場が沸き上がりました!


4.JPG

どぶゆきロックウクレレクラスのパフォーマンスです!


5.JPG

坂野いぶき ジプシージャズギターレッスンの皆さん全員で、Minor Swing を熱演!


6.jpg

第2部出演の皆様!


8.jpg

打ち上げでの
リコレレ Featuring.金子三佐子
のパフォーマンス! オケカイのフラをご披露いただきました。

7.jpg




posted by LAST GUITAR at 10:56| Comment(0) | レッスン

2016年06月16日

リボーンシリーズ最新入荷!初のレリック加工とネックリフィニッシュ!Tokai ST-50 MRR Reborn Custom By Humpback Engineering 1980年製(中古)

Tokai ST Reborn.jpgTokai ST Reborn (1).jpg


東京都杉並区の浜田山に工房を構えるHUMPBACK ENGINEERINGの代表戸田高弘氏によって、ジャパンヴィンテージの銘器を、現代的なハイエンドギター並の演奏性へカスタマイズすることで蘇らせる企画"Reborn"シリーズの最新入荷です。

今回はジャパンヴィンテージとしてファンも多い1980年製の銘器Tokai ST-50 Springy Soundです。ローズ指板の'64 Original Mode“OLDIESオールディーズ”lシリーズの中のスタンダードモデルで、カラーはMRR(メタリックレッド)です。本家フェンダーでいうとキャンディーアップルレッドにあたるカラーで、下地にシルバーを吹いてから赤を吹く2層構造になっています。重量3.56kgと軽めで、ネックのハードメイプルの木取りは柾目から板目に変わって行く感じの、本家フェンダーではリフテッドと呼ばれる木取りです。ボディー材はアルダーが使われています。

ピックアップに関しては現行品で、ボディの鳴りを最大限に生かすことが出来るものがあれば換えるというのがコンセプトですが、今回はオリジナルのピックアップが非常に良いサウンドを出しているので、オリジナルを生かしています。1980年当時の本機種に使われたピックアップはSTホットと呼ばれ、オールディーなリリカルサウンドをハイコストパフォーマンスで実現した傑作ピックアップで、アルニコ(アルミ、ニッケル、コバルトの合金)を使い、パラフィン含浸処理を施す事でノイズを押さえた、当時としては国内最高級クラスのピックアップでした。

Tokai ST Reborn (2).jpgTokai ST Reborn (3).jpgTokai ST Reborn (4).jpgTokai ST Reborn (5).jpg


今回新しい試みとして、ボディのレリック加工を行い、オールド感を演出しました。今後はアップチャージの対象となりますが、今回はお試しということでアップチャージはしていません。更に、今回、ネック裏の塗装が傷んでいたこともあり、ネックをラッカーでリフィニッシュしました。ネック握り心地が良く鳴ったのは勿論ですが、ネック振動の具合が良くなり、更に太いサウンドになった気がします。

モディファイの内容をまとめますと

フレット をJescar 43080 Stainless (JD6230に対応)に交換
ナットをタスクへ
サーキット交換とローノイズ加工
PG裏シールド加工
ポット、スイッチ交換
ペグをGotoh SD91へ交換 Directron NOSセラミックコンデンサ 0.05uを使用
トレモロのスプリングをRawVintageスプリングへ

ボディをレリック加工
ネックリフィニッシュ(ラッカー)

さらにいつも通りReborn シリーズの肝である1mm以下の弦高セッティングを余裕で実現する、高精度のフレットワークを施しています。
ケースは当社オリジナルの人気セミハードケースLasting EGC-120 Brown/Ivory(市販価格\12,960)
が付属致します。

販売価格¥138,000(税込)
Lasting EGC-120 Brown/Ivory 付き

Tokai ST Reborn (6).jpgTokai ST Reborn (7).jpgTokai ST Reborn (8).jpg
posted by LAST GUITAR at 20:28| Comment(0) | 入荷情報
Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.