BLOG

2016年12月01日

ポール・マッカートニーと1年違い、良質なヴィンテージ、綺麗です。1963年製 Epiphone Texan

Epiphone Texan.jpgEpiphone Texan (1).jpg


1963年製 Epiphone Texan の入荷です。
良質なビンテージです。ビートルズ時代のポールマッカートニーが愛用していたナチュラルブロンドカラーの1964年製テキサンは世界的に人気が高く、ビートルズが使った楽器(ビートルズギア)の中でも最も人気のあるギターです。本器はほぼ同スペックの1963年製になります。

ボディトップはスプルース、サイドバックはマホガニー、ハカランダ指板です。本器はブリッジ駒が修理されてり、同じハカランダ素材で同形状のものに交換されています。サドルは近年のセラミック製のアジャスタブルサドルです。ボディサイドに1箇所クラック修理跡があります。

ナット幅は実測で41mmで、細身のグリップ感覚です。  ギブソンとJ-45やJ-50とよく比較される機種ですが、一番の違いはスケールが25・1/2インチであることで、24・3/4インチであるギブソンとくらべ、3/4インチ(約19mm)長いです。このことがテンション感があって低音に力がある迫力のあるサウンドの源となっています。音程も安定します。  

Epiphone Texan (2).jpgEpiphone Texan (3).jpgEpiphone Texan (4).jpgEpiphone Texan (5).jpgEpiphone Texan (6).jpgEpiphone Texan (7).jpg

ナット、フレットは交換されており、現時点でフレットの減りはローフレットで微かにあるという程度なので、永くいい状態で使っていただけます。アメリカより入荷後国内工房にてセットアップされていますので、演奏性は万全です。 ネックヒール部にストラップピンを取り付けた痕があり、埋め直されております。ピックガードは非常に綺麗なオリジナル状態で、全体的にも50年以上の年月の経過を考えると非常に綺麗です。

TKL社製の新品のハードケースが付いています。 ストロークのまとまり感と音量とリバーブ感、どれをとっても素晴らしいです。

販売価格\398,000(税込)
ハードケース付き

Epiphone Texan (8).jpgEpiphone Texan (9).jpgEpiphone Texan (10).jpgEpiphone Texan (11).jpg
posted by LAST GUITAR at 22:09| Comment(0) | 日記

2016年11月30日

定休日が火曜日から水曜日に変更になることにともなって、レッスン日変更のご案内です!


レッスン日変更のご案内

 年の瀬も押し迫ってまいりましたが、皆様におかれましてはますますご清祥のことと心よりお喜び申し上げます。日頃は当教室にご参加いただき、誠にありがとうございます。
 さて、予てから告知させて頂いておりました通り、12月より下記のとおりレッスン日を変更することになりました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。


【変更後スケジュール】

ウクレレグループレッスンA 火曜日 10:00~11:00(旧・火曜11:00~クラスの方対象)
ウクレレグループレッスンB 木曜日 10:00~11:00(旧・火曜10:00~クラスの方対象)
アコギグループレッスン 日曜日 10:00~11:00(旧・土曜/日曜10:00~クラスを1本化)
各種プライベートレッスン 随時 基本的に11時以降でご予約ください
定休日 水曜日


※ ウクレレレッスンのクラス分けは便宜上のものですので、ご都合に合わせてお好きな方の曜日に参加いただいて構いません。
※ 参加のご予約は前日までによろしくお願いいたします。また、急病などの止むを得ない理由を除き、当日のキャンセルはお避けください。
※ 上記内容と被りますが、ご予約が1件も入っていない場合や、講師の出張などの理由により休講になる場合がありますので、特に前週のレッスンに参加されていない場合は、必ず前日までにスケジュールをお問い合わせの上ご参加ください。

ご予約・お問い合わせは info@lastguitar.com または tel 03-5913-8302 まで
当日の止むを得ないキャンセルは info@lastguitar.com または tel 090-6045-9283 まで
posted by LAST GUITAR at 15:08| Comment(0) | 日記

2016年11月28日

内田ギター (内田光広) のソプラノウクレレとテナーウクレレの入荷です!

385694_403815252996094_465513599_n.jpg

内田光広さん。
ギタールシアーの中でも伝説的存在。
その輝かしいキャリアの中でも特出すべきは、1988年〜1990年になんとあのアイルランドのローデンギターの工場長を務めたことかもしれません。
帰国後は、1本1本の楽器を図面を設計するところから始め、同じギターは作らないというスタイルで、芸術性の高い楽器を生み出してきました。
内田さんとの出会いは2012年、私がギタープラネットのマネージャーを勤めていた際、アイルランドからジョージ・ローデンを会社で招聘した時です。
ローデンにとって唯一の来日の条件がミッキー(内田さん)に会うということでした。ローデンさんを長野県高遠町の内田さんの工房にお連れしました。お二人の22年振りの再会だったんです。
※写真は2012年6月、お茶の水のジャズライブハウスNARUで、ローデンと内田さんがアコースティックギターマガジンの取材に応じているところです。
熱狂的な愛好家の手に渡るのみで滅多に世にでることが無い楽器、内田ギター(Mitsuhiro Uchida)
遂に当店に並びました。
楽器店に新品が並ぶのは20年以上振り、ウクレレでは初めてだそうです。
当店を選んでいただいてありがとうございます。

Uchida Soprano.jpgUchida Soprano (6).jpg
Soprano Ukulele Cedar/Hawaiian Koa \432,000(税込)



Uchida Tenor.jpgUchida Tenor (6).jpg
Tenor Ukulele Spruce/Jacaranda \648,000(税込)
posted by LAST GUITAR at 20:25| Comment(0) | 日記
Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.