BLOG

2017年01月16日

フレット交換済みによる演奏性抜群のフルアコ、ソープバーP-90の極上トーン。1958年製 Gibson ES-125

Gibson ES-125.jpg

Gibson ES-125 (1).jpg

1958年製 Gibson ES-125の入荷です。

 ピックアップにP-90を搭載した、ES-175と並ぶ最もスタンダードなフルアコがES-125です。

 国内有名工房にて、ネック調整、フレット交換が行われています。60年近くが経過したビンテージギターですので、打ち傷、ウェザーチェックなどはところどころに見られますが、オリジナルのラッカーはまだ艶があり、サンバーストのブラウンの部分も濃い感じです。パーツはフレット、ナット以外はオリジナルです。

 ヘッドの裏側の先端は、ケースの内装材に触れていた期間が長いのか、塗装の剥げがあります。

 珍しいのはピックアップのP-90で、ドックイヤータイプが圧倒的に多い中、ソープバータイプが取り付けられており、男性的な雰囲気を感じさせています。

Gibson ES-125 (2).jpgGibson ES-125 (3).jpgGibson ES-125 (4).jpgGibson ES-125 (5).jpg

ネックシェイプは一般的な58年より少し細めの、59〜60年を思わせる少し細めのシェイプで、ナット幅は43mmです。

 驚くほどハイゲインで艶があり、ジャジーなサウンドは魅力的です。テクニカルなプレーを標榜される方はカッタウェイが欲しいのかもしれませんが、ノンカッタウェイの方が音響特性は優れているため、太くリバーブ感豊かな音になります。ES-175の50年代の価格がかなり高騰してしまっていることを考えると、非常にコストパフォーマンスの良いヴィンテージフルアコだと考えられます。おすすめです。

販売価格\248,000(税込)
ハードケース付き

Gibson ES-125 (6).jpgGibson ES-125 (7).jpgGibson ES-125 (8).jpgGibson ES-125 (9).jpgGibson ES-125 (10).jpg
posted by LAST GUITAR at 21:22| Comment(0) | 入荷情報

2017年01月05日

歴史的に価値のあるギター、マカフェリのプラスチックギター Maccaferri G-40 1950年代製の入荷です!

Macaferi Plastic G-40.jpgMacaferi Plastic G-40 (1).jpg

1950年代に製作された、Maccaferri G-40 の入荷です。

ジプシージャズ・ギターのブランドとして最も有名なマカフェリのプラスチックギター”G-40。歴史上このジャンルでは欠くことの出来ない存在、マリオ・マカフェリ。たくさんのプラスチック楽器を考案しましたが、その中でも本モデルは1950年代〜1960年代中ごろの短い期間に1000本程度しか製作されておらず、コレクターズアイテムとなっております。ホワイトフィニッシュにFホール仕様、立体感のあるヘッドデザインや、ネック裏にもポジションマークがあるなど、斬新なデザインです。マイナーチェンジをいくつか経た機種ですが、本器のようにブラスのテールピースの仕様は大変珍しいです。テールピースの折れ曲がる箇所は一度折れてしまったようで、アメリカの工房にて修理してあります。ビス留めしてありますので機能的には問題ありません。ネックのヘッド付近にも割れの修理跡が一箇所あります。

Macaferi Plastic G-40 (2).jpgMacaferi Plastic G-40 (3).jpgMacaferi Plastic G-40 (4).jpgMacaferi Plastic G-40 (5).jpg






演奏性に関しましては国内工房にて万全の調整をしておりますので、普通に弾けます。
立ち上がりがよく、歯切れの良いサウンドはまさにジプシージャズにマッチします。
ネックはストレートで全ポジション演奏性良好、ナット幅は47mm幅と広めで、0フレット仕様です。
お探しの方はこの機会をお見逃しなく!
販売価格\108,000(税込)
ギグバッグ付属


Macaferi Plastic G-40 (6).jpgMacaferi Plastic G-40 (7).jpgMacaferi Plastic G-40 (8).jpg
posted by LAST GUITAR at 12:04| Comment(0) | 入荷情報

2016年12月25日

アストリアスの定番エレガット、レコーディングローズの当店特注品の入荷のお知らせです!とてもいいギターに仕上がりました!

IMG_7551.JPG

ASTURIAS RECORDING ROSE SR CUSTOM と
ASTURIAS RECORDING ROSE CR CUSTOM のご紹介です。
 使い勝手の良さでロックやポップスの現場でロングランを続けているアストリアスのエレガット、レコーディングローズ。ローズウッドサイドバックのフレーレンタインカッタウェイのボディは、音の立ち上がりを早くするため、ボディ厚を薄く、サウンドホールも若干小さくしています。
クラシックギターをベースにしているので、サウンドは伝統的な暖かみのあるクラシックギターの音色ですが、ネックがクラシックよりも細めで、46mmというナット幅なので、普段エレキギターやアコースティックギターを弾いているプレーヤーも持ち替えやすく、ガットギターの音色を求められるアンサンブルの現場で重宝されています。
 ただ、そんな機種にも当店としてはこだわりたい点が数点あり、3月に九州、福岡県久留米市にあるアストリアス工場に行ってきました。

IMG_7549 2.JPGIMG_7580 2.JPGIMG_7568.JPGIMG_7566.JPG




具体的な変更点としては
@ヘッドロゴを無くす→見た目の問題ですが、これによりヴィジュアル上の違和感が無くなりました。
Aネックのバインディングを無くし、フィンガーボードのポジションマークを無くし、ネックバインディングも無くし、マザーオブパールのサイドポジションマークのみにしました。→伝統的なクラシックギターを弾かれてきた方にも受け入れやすい仕様です。
Bトップ材を選定させてもらいました。SR‥ジャーマンスプルーストップのモデルは木目を選ばせてもらいました。CR‥シダートップのモデルは通常品のレコーディングローズでは存在しないので、シダートップのファンにとっては嬉しい仕様となります。
先月に上がってきていましたが、ご紹介が遅くなってしまいました。ギターリストGontaさんにより演奏動画もご用意しました。
時間はかかりましたが、当店の定番モデルとして継続して取り扱いしていきたいと思える、いいギターに仕上がりました。
販売価格(両機種とも)\247,860(税込)ハードケース付き
それぞれの商品ページは
ASTURIAS RECORDING ROSE SR CUSTOM
http://lastguitar.com/wp/?p=23351
ASTURIAS RECORDING ROSE CR CUSTOM
http://lastguitar.com/wp/?p=23369






ASTURIAS Recording Rose SR.jpgASTURIAS Recording Rose SR (1).jpgASTURIAS Recording Rose SR (2).jpgASTURIAS Recording Rose SR (3).jpgASTURIAS Recording Rose SR (4).jpgASTURIAS Recording Rose SR (5).jpgASTURIAS Recording Rose SR (6).jpgASTURIAS Recording Rose SR (7).jpgASTURIAS Recording Rose SR (8).jpgASTURIAS Recording Rose SR (9).jpgASTURIAS Recording Rose SR (10).jpgASTURIAS Recording Rose SR (11).jpgASTURIASケース.jpgASTURIAS Recording Rose CR.jpgASTURIAS Recording Rose CR (1).jpgASTURIAS Recording Rose CR (2).jpg
ASTURIAS Recording Rose CR (3).jpgASTURIAS Recording Rose CR (4).jpgASTURIAS Recording Rose CR (5).jpgASTURIAS Recording Rose CR (6).jpgASTURIAS Recording Rose CR (7).jpgASTURIAS Recording Rose CR (8).jpgASTURIAS Recording Rose CR (9).jpgASTURIAS Recording Rose CR (10).jpgASTURIAS Recording Rose CR (11).jpgASTURIASケース.jpg
IMG_7552 3.JPG
posted by LAST GUITAR at 17:39| Comment(0) | 入荷情報
Copyrights© LAST GUITAR All Right Reserved.